ベビーシッターを東京都内及び近郊エリアでご利用いただけます。お気軽にお問い合わせ下さい。

03-5791-3481

受付:9:00~17:00(休日・祝日を除く)

お問い合わせ・お申込み

お役立ち子育てコラム

掲載日:2019年6月5日

梅雨対策!キッズレイングッズの選び方ポイントとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
子どもの梅雨対策

写真:https://www.photo-ac.com

6月になりだんだんと梅雨入りの時期となってきました。

雨が多い季節はお外遊びもなかなか出来ませんが、そんな時に子どものテンションを上げてくれるのが長靴や傘などのレイングッズです。

これからの時期大活躍する、可愛らしいレイングッズを上手に選ぶポイントをチェックしておきましょう!

傘はいつから持てる?

子どもの傘

写真:https://www.photo-ac.com

子ども用の傘は小さい物で38〜40cm程のものから取り扱いがあります。

これは大体身長85cmを超えた3歳頃〜に適したサイズのものとなっており、持ち手を除いた傘の親骨部分の長さを差しています。

しかし大人が軽々と持てる傘でも、ようやくしっかり歩けるようになった2〜3歳の子が傘を上向きに持って歩くというのは実はなかなか難しいものです。

まずは小雨の日に、雨を除けられるようバランスをとって傘を持ちながら真っすぐ道を歩くということをレインコートやポンチョを併用しながら家の周りで練習してみるのがおすすめです。

子ども用傘は大体3cmずつサイズが上がり販売されているため、年齢や体格に応じたサイズを選びアップデートしていってあげましょう。

長靴は1サイズ大きめを選んでも◎

子どもの長靴

写真:https://www.photo-ac.com

雨の日の必需品ではあるものの、実は登場回数が少ない”長靴”。

子どもの足のサイズは身長よりも大きくなるスピードが早く、せっかく準備した長靴を2〜3回しか履かずにサイズアウトしてしまった!という話は少なくありません。

普段から子どもの靴は、実際の足のサイズよりも0.5〜1cm大きめのサイズを買うというご家庭も多いかと思いますが、長靴の場合はさらに大きめサイズを用意するのがおすすめです。

しかしそれでは歩きづらかったり脱げてしまうのでは?と思いますが、ある裏技を使えばOK!

それは、「1サイズ上の長靴の中に、実際の足のサイズにぴったりの中敷きをもう1枚重ねる」という方法です。

小さくなってしまった前の長靴か普段から履いている靴から中敷きを取り出し、大きな長靴の中で2枚重ねしてあげることでサイズがぴったりになり履きやすくなります。

さらにサイズが気になった時には2枚の中敷きを取り出して見ると、下側に敷いた長靴サイズの中敷きには足の跡がついているため、今の足のサイズが目に見えて分かるように。

この裏技で定期的にサイズをチェックして新しいものを購入していけば、いざ雨が降った時に履こうとしたらサイズが小さすぎて入らない!ということを防げるはずです。

例えお外で遊べなくても、子どもにとっては雨だって時に楽しいものに変わります。

お気に入りのレイングッズを見つけて、梅雨の時期を親子で楽しみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベビ-シッタ-のMammy's Serviceのサービス・料金のご案内

ベビ-シッタ-のMammy's Service マミーズサービス

マミーズサービスは白金で長年続くベビーシッターサービスです。
港区を中心に東京および近郊エリアで皆さまの子育てのお手伝いをしております。お気軽にお問い合わせ下さい。