ベビーシッターを東京都内及び近郊エリアでご利用いただけます。お気軽にお問い合わせ下さい。

03-5791-3481

受付:9:00~17:00(休日・祝日を除く)

お問い合わせ・お申込み

お役立ち子育てコラム

掲載日:2019年1月21日

子どものゲレンデデビューは何歳がいい?楽しむための準備とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲレンデデビュー

写真:https://www.photo-ac.com

冬には大人も楽しみたいスノースポーツ。子どもが産まれたら、一緒にゲレンデに行って滑りたい!と思うご家庭も多いでしょう。

しかし慣れない雪山では怪我や危険もつきもの。

子どものデビューは何歳頃がオススメ?準備しておくと安心なものをご紹介します。

スキーデビューは、道具が身体のサイズに合ってきたらOK!

親子でスキー

写真:https://www.photo-ac.com

“ゲレンデデビュー”として雪山に遊びに行くだけなら、しっかり防寒をしていれば1歳過ぎからでも大丈夫。

雪の降らない地域に住む子であれば、はじめての雪の冷たさに触れたり雪だるまを作ってみたり!それだけでもきっと大興奮のはずです。

ただし足元は滑りやすいため、歩く時には手をつなぐのを忘れずに。

実際にスキーなどのスノースポーツを楽しめるようになるのは、身体に合うスキーブーツや板が使えるようになってからです。

一般的にはスキーブーツが約15cm〜、スキー板では約80cmより取り扱いがあります。

ブーツは0.5〜1cm大きめのサイズを選ぶため足のサイズが14.5cmを超える頃から、また板の長さは【身長−10cm程度】が目安となるため身長90cm以上からというのが目安となります。

年齢でいうと3歳頃がスノースポーツデビューの基準となりますが、体格などの個人差を考慮して考えましょう。

スクールは一人でレッスンを受けられる4歳頃から

実際にスキーを滑れるようになるにはもちろん練習が必要です。

デビューの日であればまずは”雪は楽しいもの”と恐怖心をなくせるよう、一日目は親子で雪に慣れる日を作るのもオススメです。

子ども用の短時間スクールで教えてもらうことで滑り方のコツをしっかりと学んで上達も早くなるかもしれませんが、スクールの場合は親と離れてレッスンを受けるのに安全を考慮した3歳半〜4歳頃から受講可能というところも多いようです。

パパやママに教えてもらっていると、どうしても甘えが出てしまうものです。転んでしまったらもうやりたくない、と泣く子もいるかもしれません。

しかしはじめは滑れなくて当然!転んでしまっても「もう一度!」と練習を続けていくことで、きっと滑れるようになる達成感が味わえるはずですよ。

雪の上は疲れやすい!子どもは2時間程度で休憩をするのを基本に

雪だるま

写真:https://www.photo-ac.com

大人でもゲレンデに行くとどっと疲れを感じる方も多いのではないでしょうか。

慣れない雪の上と、重たいスノーブーツを履いて歩くのは想像以上に身体に負担をかけるものです。

子どもにとって大切なのは、とにかくまず「雪って楽しいものなんだ!」と感じられること。

疲れて怪我をしてしまっては楽しい思い出が台なしになってしまいます。

連続してスキーや雪遊びを楽しむのは2時間程度までとして、子どもが夢中になって遊んでいても適宜室内に入り身体をあたため、しっかりと休憩をとりましょう。

一度覚えれば家族でずっと楽しめるスノースポーツ!

安全を第一に、子ども達と楽しくゲレンデデビューをしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベビ-シッタ-のMammy's Serviceのサービス・料金のご案内

ベビ-シッタ-のMammy's Service マミーズサービス

マミーズサービスは白金で長年続くベビーシッターサービスです。
港区を中心に東京および近郊エリアで皆さまの子育てのお手伝いをしております。お気軽にお問い合わせ下さい。