ベビーシッターを東京都内及び近郊エリアでご利用いただけます。お気軽にお問い合わせ下さい。

03-5791-3481

受付:9:00~17:00(休日・祝日を除く)

お問い合わせ・お申込み

お役立ち子育てコラム

掲載日:2019年8月16日

みんな悩んでる?産後のマイナートラブル対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
産後のトラブル

写真:https://www.photo-ac.com

出産は人生で数回あるかないかの女性にしか出来ない大仕事。

可愛い赤ちゃんに会えるまでの道のりではありますが、妊娠中は大きなお腹を抱えて起こる戸惑いや困りごとも多くあり、出産後のマイナートラブルも避けては通れません。

産んではじめてぶつかった!産後に多くの人がぶつかるマイナートラブルと対処法をご紹介します。

腰痛

産後の腰痛

写真:https://www.photo-ac.com

出産を経験すると骨盤は赤ちゃんを包んで大きくなった子宮を支えるため、帝王切開・普通分娩に関わらず妊娠前よりも開いています。

赤ちゃんを産んだあとには骨盤が正常な位置に戻るのが理想ですが、十分な休息を取るのが難しい場合に起こりやすいのが腰痛です。

新生児を抱っこしている時間は長いため、開いたままの骨盤を支えないままに立ちっぱなしでの寝かしつけなどを行っていると、骨盤が正常な位置に戻れず腰痛を引き起こしやすくなります。

産後は無理をしすぎないことはもちろん、出来るだけ早い段階で骨盤ベルトをつけて支え正常な位置に戻したり、整体で骨盤矯正を受けるよう対処が必要です。

腱鞘炎

首座り前の赤ちゃんを抱っこしている時間が長く同じ姿勢・腕の角度が続くと腱鞘炎になってしまうママも少なくありません。

まずは赤ちゃんを抱っこして支える時に、出来るだけ同じ角度や向きで長時間過ごすのを避けること。

座っている時には膝の上にクッションを置いてその上に寝かせてあげると、感覚はママの腕の中にいるようで安心出来て赤ちゃんの体重を分散出来るため、それぞれの負担を少なく出来るかもしれません。

腰痛・腱鞘炎ともに、一人で抱え込みすぎずに家族にも協力をしてもらうことで改善が期待出来るはずです。

乳腺炎

乳腺が詰まってしまうことによって炎症を起こしてしまう乳腺炎は、胸の痛み・発熱などが主な症状となります。

乳腺が細い場合どうしても詰まりやすい人もいるため一概には言えませんが、母乳を詰まりやすくする油分の摂り過ぎには要注意。

バター等の油脂やチョコレート・ケーキなど脂肪分の多いものの摂り過ぎには注意しましょう。

むくみ

産後の退院時や、お宮参りなどで写真を撮った時、自分の顔のむくみに驚いた!というママの声も。

産後は基本的に室内での生活になるため運動量が少なくなりがち。

また母乳の生成のため水分を溜め込むようになるため、顔周りにむくみを感じるということがよくあります。

気になる場合には水分量を減らすのではなく家にいても歩く量を増やしたり、産後でも問題の無い着圧アイテムを利用するのが有効です。

身体に取り入れるものは、塩分が少ないもの・水分を排出するカリウムが多く含まれるものを選ぶのがおすすめです。

産後のマイナートラブルはこの他にも多くありますが、まずは代表的なものをご紹介しました。

育児を一人で頑張りすぎることで悪化してしまうことも多くあるため、周りで頼れる人がいる時には無理をしないというのが一番の対策法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベビ-シッタ-のMammy's Serviceのサービス・料金のご案内

ベビ-シッタ-のMammy's Service マミーズサービス

マミーズサービスは白金で長年続くベビーシッターサービスです。
港区を中心に東京および近郊エリアで皆さまの子育てのお手伝いをしております。お気軽にお問い合わせ下さい。